眼底検査について

眼底検査は網膜血管を含めた網膜、視神経乳頭、網膜の外側に存在する脈絡膜、眼球の内部の硝子体を直接見て検査するものだそうです。専用のレンズを目の前に置いて、倒像鏡もしくは、細隙灯顕微鏡というものでおこなうそうです。眼底の病変を直接見ることで診断をつけるそうです。黄斑部といって網膜の中心部で、病気が起こると視力が低下するそうです。眼底検査でみつかる主な病気として、ぶどう膜炎、硝子体混濁、糖尿病網膜症、高血圧網膜症、網膜動脈閉塞症、網膜静脈閉塞症、網膜剥離、網膜裂孔、未熟児網膜症、黄斑円孔、黄斑上膜、黄斑浮腫、黄斑変性、網膜変性、変性近視、緑内障、乳頭浮腫、視神経萎縮、脈絡膜腫瘍などだそうです。また眼底検査で、糖尿病、高血圧、脳腫瘍などが発見されることもあるそうです。眼底検査では強い光を目の中に照射しておこなうそうです。そのため、とてもまぶしいかと思いますが、しっかりと目を開けていなければ十分な検査ができないので、頑張ってほしいそうです。また、上下左右など見る方向を指示されたら、しっかりとその方向を見ることが大切だそうです。検査をしたあとは目がくらんだ状態になったりするそうですが、すぐに回復するそうです。また散瞳薬を使ってヒトミを開くという眼底検査の場合はその影響が数時間続くそうです。この検査をする場合は車の運転などはしないほうが無難だそうです。関連する検査として、眼底カメラで眼底写真を撮影するものがあるそうです。精密検査として蛍光眼底造影検査というものもあるそうです。造影剤を注射して眼底写真を撮影する検査となるそうです。また、干渉断層系検査など、眼底を三次元で解析する検査もあるそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です