画像診断

本検査は、検査によって画像を作成し、その画像を用いて診断する事です。基本的には身体を傷をつける事はなく、検査材料を採取する事なく「写真」を撮るだけの検査になります。検査をしやすくする為に鎮静剤や、検査でより多くの情報を得る為に造影剤など薬物の注射をする事があります。画像診断では人体を通り抜ける放射線を使う検査が多くあり、その他に超音波や核磁気共鳴現象を利用して画像を作ったり、内視鏡のように普通の光を使って画像を作成したりする検査というのも有ります。画像検査は検査機器に依存するという点が大きく、さらに機器の進歩や開発は速い為、性能の高い機器が毎年のように出現しています。新しい検査機器を用いる事でよりよい画像診断になるに結びつくと言えます。検査で作成された画像は直感的にわかりやすいので結果の解釈は簡単なようにも見えますが、より正確な診断をつける為には検査方法っと検査対象の病気の事を熟知している専門家の判断が大変重要なのです。他にも、検査を行う技師や看護師のなどの能力、或いは画像検査を支える医療機関のシステムなども、画像検査のクオリティーに大きく影響を与えると言えます。検査機器・検査を行う人・検査を支えるシステムがバランスよく機能した時に、最高の画像診断が出来る事になります。画像検査に関わらず、どんな検査にも副作用など何かしらのデメリットが存在します。ですので、その検査が必要か否かという点は、検査から得られるメリットとデメリットを天秤に掛けて医師が判断するという事になるのです。過剰な検査・不必要な検査を行うとデメリットが増えるばかりという事も有ります。不安だからとあれもこれもと検査の要求をするのが必ずしも正しいとは限らないのです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です