HDLコレステロールについて

HDLコレステロールは善玉コレステロールと呼ばれているものだそうです。

HDLコレステロールは末梢組織にある余ったコレステロールを回収して、肝臓に戻す働きがあるそうです。血管壁へのコレステロールの沈着を抑制するそうです。

HDLコレステロールが減少すると、肝臓に戻されるコレステロールが減少するそうです。

こうなると動脈硬化が原因となる病気のリスクが上昇するそうです。

心筋梗塞や脳梗塞といった動脈硬化が原因として起こる病気のリスクのめやすになるそうです。

HDLコレステロールの数値が高いほど動脈硬化が進みにくくなるそうです。

低ければ低いほど、動脈硬化の発症するリスクが高くなるそうです。

HDLコレステロール値が40mg/dl未満のとき低HDLコレステロール血症と診断されるそうです。

コレステロール値というのは一日のうち変動や食事の影響が少ないそうです。

食事時間などの制限はないそうです。ただし、早朝空腹時のほうがより正確な値が得られるそうです。

低い場合、大部分は肥満、糖尿病などの耐糖能異常だそうです。

運動不足でも低くなるそうです。

コレステロール以外の糖脂質関連の検査や内臓脂肪などを検査するそうです。

肥満の解消や禁煙、適度の運動など生活習慣の改善に心がけることが必要だそうです。

甲状腺機能亢進症や肝臓や腎臓の病気がないかどうか、どんな薬剤を使っているかどうかを医師に伝えるようにしなければならないそうです。

また、女性のほうが基準値はやや高くなるそうです。

少量の飲酒でも値が上がるそうです。

コレステロール転送タンパク欠損症や肝性トリグリセリドリパーゼ活性低下に伴って起こるHDLコレステロールの高値と動脈硬化の進展について議論されているそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です