ペプシノゲンについて

ペプシノゲンというのは、胃液に含まれる消化酵素であるペプシンをつくる物質だそうです。 胃底腺主細胞と副細胞から分泌されるⅠ型と胃底腺のほか、幽門線、噴門腺、十二指腸からも分泌されるⅡ型があるそうです。 産生されたペプシノゲンのごく一部が血中に入って、腎臓から排泄されるそうです。 腎機能が悪化すると高値になるそうです。 胃がん発生の素地となりうる胃粘膜の萎縮性病変の診断に役立つそうです。 萎縮性胃炎の場合、ペプシノゲンⅠの低下がより顕著だそうです。Ⅰ/Ⅱ比の低下が萎縮の進行度のよい指標となるそうです。 萎縮性胃炎は胃がんのハイリスクグループとされているそうです。 ペプシノゲン検査は胃がんの健診に使用されるそうです。 胃がんの診断は、最終的には内視鏡の検査になるそうです。内視鏡検査の適否については、医師の指示に従うそうです。 ヘリコバクター・ピロリ検査は、ペプシノゲン検査と組み合わせて胃の健康状態の評価指標として活用されるそうです。 ペプシノゲンⅠの基準値として15〜100ng/mlだそうです。 ペプシノゲンⅡの基準値として3〜40ng/mlだそうです。 基準値を外れたときの主な病気として、高値では、胃酸分泌亢進(十二指腸潰瘍、胃潰瘍、急性胃粘膜病変など)、プロトンポンプ阻害薬服用時だそうです。 低値は、萎縮性胃炎、胃がん、胃切除後だそうです。 ペプシノゲンⅠ/Ⅱ比3.0以下で胃粘膜萎縮の疑いがあるそうです。 ABC健診というのでは、A群は健康的な胃粘膜で、胃疾患の危険性は低いと考えられるそうです。B群では消化性潰瘍などに留意する必要があるそうです。C群では、胃がんの高危険群と考えられるそうです。D群では胃がんのより高い危険群と考えられるそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です