聴力検査

人間ドック健診における聴力検査は、選別聴力検査と呼ばれているのだが、すなわち聴力機能が正常か若しくは何かしらの難聴があるのかを効率良く尚且つ確実に選別するという検査なのである。
言葉や音楽として認識される内耳から脳にかけての障害が生じる難聴を感音難聴。突発性の難聴やメニエール病、騒音性難聴・老人性難聴など様々あるのだが、一般的には伝音難聴だと薬や手術によって回復が見込まれるのだが、感音難聴の場合だと突発性の難聴は一部回復が期待できるものの、有毛細胞には再生能力が備わっていない。

その為、多くは回復が困難とされており、即ち予防をいかに徹底できるかが求められているということになる。つまり、聴力検査を人間ドック健診で行うという事は、難聴の早期発見につながり、難聴の進行予防にもつながる為非常に意義の大きな検査であるといえるだろう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です