糖尿病と脳梗塞の関係性とは

生活習慣病である糖尿病は、様々な合併症を起こすことで恐れられています。脳梗塞も、その合併症の一つです。では、どのようにして発症するのでしょうか。 まず、脳梗塞は、脳の血管が詰まることです。糖尿病にかかり、血液の中の糖の量...

前立腺がん早期発見のためのPSA検査

男性がかかるがんの中で、最も患者数が多いのが、実は前立腺がんなのです。しかし、早期発見し、すぐに治療し始めれば、完治することもできるがんであるため、検査による早期発見が重要になります。前立腺がんの検査として、有名なのがP...

脳血管疾患の原因

脳血管疾患は突然死を招いたり、助かったとしても手足の麻痺という後遺症を残したりする、非常に恐ろしい病気です。人はなぜ、脳血管疾患という恐ろしい病気にかかるのでしょうか。この文章では、脳血管疾患の原因について解説していきま...

血糖値のコントロールと糖尿病

糖尿病の予防には血糖値のコントロールが重要であるとも言われているようです。普段の皆さんの日常生活におきまして、血糖値の存在はどのようにお感じになられていらっしゃいますでしょうか。 健康診断などで、血糖値の数値が高めである...

ロキソプロフェンとジクロフェナク

ロキソプロフェンとジクロフェナクはどちらも非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)に分類される鎮痛薬であり、速く効くのはロキソプロフェンで強く効くのはボルタレンです。従って頓服など速く効いてほしい場合はロキソプロフェンを使...

抗ヒスタミン薬の特徴

レボセチリジンは食前でも食後でも効果に影響がないため、食事の時間を気にする必要がありません。一方で、フェキソフェナジンはグレープフルーツジュースを飲むことで、薬の吸収が低下してしまうことがあります。このため、レボセチリジ...

特異的lgE抗体

IgE検査は、アレルギー体質の診断・経過観察の目的でIgEの総量を調べる検査ですが、特異的IgE抗体の検査では特定のアレルゲンに対してその反応性をみるという検査になります。現在、非常に多くの日本人が何らかのアレルギーに悩...

筋委縮性側索硬化症(ALS)の症状

ALSの症状としては、力が弱くなり・痩せてくるなど、身体の筋肉を自由に動かせなくなる事で、日常生活に支障をきたします。喋りづらくなったり、むせやすくなるというのもALSの特徴だといえます。呼吸の力も弱まり、息切れしやすく...