血液型検査でわかること

血液型の検査では、赤血球と血清の両方をチェックするそうです。 これでABO型血液型を決定しているそうです。 被験者の血球を調べる検査を「おもて試験」というそうです。 血清を調べる検査を「うら試験」というそうです。 この各...

LDH(乳酸脱水素酵素)

LDH(乳酸脱水素酵素)は身体の中でブドウ糖がエネルギーに変えられる時に必要な酵素の1つで、乳酸脱水素酵素と呼ばれます。LDHは全身のほとんどの臓器や細胞に存在し、それらの臓器や細胞がダメージを受けると、血液中に流れ出て...

ペプシノゲンについて

ペプシノゲンというのは、胃液に含まれる消化酵素であるペプシンをつくる物質だそうです。 胃底腺主細胞と副細胞から分泌されるⅠ型と胃底腺のほか、幽門線、噴門腺、十二指腸からも分泌されるⅡ型があるそうです。 産生されたペプシノ...

コリンエステラーゼ

肝臓障害の程度を知る為、コリンエステラーゼを検査します。コリンエステルという物質を、コリント有機酸(酢酸)に分解する酵素をコリンエステラーゼと言い、多くの臓器に存在しています。コリンエステラーゼには「真性型」と「偽性型」...

気管支鏡検査

気管支鏡検査というのは、口や鼻から細い内視鏡を挿入し肺の中の空気の通り道である気管支を直接みるという検査です。この気管支鏡の先には器具を出し入れできる孔があいていて、ここから肺の中を洗ったり、肺の組織を採取するという事も...

眼底検査

眼底、すなわち網膜・血管・黄斑部・視神経を観察する検査を眼底検査という。 この検査は、網膜剥離・糖尿病内膜症・眼底出血・視神経の障害などといった網膜におおよそ関わり合いのある病気の発見、病状の把握、動脈硬化の進み具合など...

動脈血液ガス分析

動脈硬化のガスを分析する事で、血中の二酸化炭素濃度・酸素濃度を知る事ができ、主に呼吸がうまく行えているかを調べるのが本検査の目的になります。また、血液のpHを調べる事によって身体の酸・塩基平衡異常の存在も知る事が出来ます...

画像診断

本検査は、検査によって画像を作成し、その画像を用いて診断する事です。基本的には身体を傷をつける事はなく、検査材料を採取する事なく「写真」を撮るだけの検査になります。検査をしやすくする為に鎮静剤や、検査でより多くの情報を得...

尿たんぱく

尿に含まれるたんぱく質の事を尿たんぱく、たんぱくが含まれる尿の事をたんぱく尿と言います。私たちの血液中には、生命活動を行う上で欠くことのできないたんぱく質が一定量含まれています。通常、それらの一部は腎臓の糸球体でろ過され...