動脈血液ガス分析

動脈硬化のガスを分析する事で、血中の二酸化炭素濃度・酸素濃度を知る事ができ、主に呼吸がうまく行えているかを調べるのが本検査の目的になります。また、血液のpHを調べる事によって身体の酸・塩基平衡異常の存在も知る事が出来ます...

画像診断

本検査は、検査によって画像を作成し、その画像を用いて診断する事です。基本的には身体を傷をつける事はなく、検査材料を採取する事なく「写真」を撮るだけの検査になります。検査をしやすくする為に鎮静剤や、検査でより多くの情報を得...

尿たんぱく

尿に含まれるたんぱく質の事を尿たんぱく、たんぱくが含まれる尿の事をたんぱく尿と言います。私たちの血液中には、生命活動を行う上で欠くことのできないたんぱく質が一定量含まれています。通常、それらの一部は腎臓の糸球体でろ過され...

ベーチェット病

皮膚・粘膜で白血球が活発に働いてしまう事によって炎症が起きてしまう病気があります。これをベーチェット病と言います。原因や詳細についてはまだまだ未解明な点が多く、20~30代にかけての罹患傾向があるようです。男性の方が症状...

インフルエンザ検査

インフルエンザ、毎年猛威を振るい、39~40℃の高熱・寒気・怠い・関節痛・筋肉痛・鼻水・くしゃみ・のど痛・咳・嘔吐・下痢など様々な症状を伴う感染病の一つであり、感染から1~3日間の潜伏期間を経て発症する。 このインフルエ...

アンモニアについて

アンモニアの基準値というのは、30〜86μg/dlだそうです。 アンモニアというのは、体内のタンパク質や核酸が分解される、あるいは腸管内で食事中のタンパク質が分解されることによりつくられるそうです。 アンモニアはからだに...

肝炎ウィルス検査

B型肝炎ウィルス(HBV)は、基準値は陰性だそうです。この基準値を外れると、B型休止肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がんなどを患っている可能性が高いということだそうです。HBVのマーカーには、HBVがつくるたんぱくであるHBs...

眼底検査について

眼底検査は網膜血管を含めた網膜、視神経乳頭、網膜の外側に存在する脈絡膜、眼球の内部の硝子体を直接見て検査するものだそうです。専用のレンズを目の前に置いて、倒像鏡もしくは、細隙灯顕微鏡というものでおこなうそうです。眼底の病...

腎生検

背中から針を刺して腎臓に届かせて、腎臓の組織を採取する検査を「腎生検」という。この検査から、糸球体・尿細管の状態を診るだけでなく組織を蛍光塗料で着色して自己免疫性タンパクを見つけることも目的として行っている。また、腎炎や...

アミラーゼ

アミラーゼ、別名ジアスターゼ。でんぷんなどの糖類を分解する消化酵素だ。唾液腺から分泌される唾液と、膵臓から分泌される膵液に含まれている酵素である。この2つのほかにも、卵管・肝臓・小腸・肺・心筋などにも含まれている。このア...