ベーチェット病

皮膚・粘膜で白血球が活発に働いてしまう事によって炎症が起きてしまう病気があります。これをベーチェット病と言います。原因や詳細についてはまだまだ未解明な点が多く、20~30代にかけての罹患傾向があるようです。男性の方が症状...

インフルエンザ検査

インフルエンザ、毎年猛威を振るい、39~40℃の高熱・寒気・怠い・関節痛・筋肉痛・鼻水・くしゃみ・のど痛・咳・嘔吐・下痢など様々な症状を伴う感染病の一つであり、感染から1~3日間の潜伏期間を経て発症する。 このインフルエ...

アンモニアについて

アンモニアの基準値というのは、30〜86μg/dlだそうです。 アンモニアというのは、体内のタンパク質や核酸が分解される、あるいは腸管内で食事中のタンパク質が分解されることによりつくられるそうです。 アンモニアはからだに...

肝炎ウィルス検査

B型肝炎ウィルス(HBV)は、基準値は陰性だそうです。この基準値を外れると、B型休止肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がんなどを患っている可能性が高いということだそうです。HBVのマーカーには、HBVがつくるたんぱくであるHBs...

眼底検査について

眼底検査は網膜血管を含めた網膜、視神経乳頭、網膜の外側に存在する脈絡膜、眼球の内部の硝子体を直接見て検査するものだそうです。専用のレンズを目の前に置いて、倒像鏡もしくは、細隙灯顕微鏡というものでおこなうそうです。眼底の病...

腎生検

背中から針を刺して腎臓に届かせて、腎臓の組織を採取する検査を「腎生検」という。この検査から、糸球体・尿細管の状態を診るだけでなく組織を蛍光塗料で着色して自己免疫性タンパクを見つけることも目的として行っている。また、腎炎や...

アミラーゼ

アミラーゼ、別名ジアスターゼ。でんぷんなどの糖類を分解する消化酵素だ。唾液腺から分泌される唾液と、膵臓から分泌される膵液に含まれている酵素である。この2つのほかにも、卵管・肝臓・小腸・肺・心筋などにも含まれている。このア...

線維化マーカー

私たちの体の中にある肝臓は、3000億個以上の細胞から成り立っている。そしてその細胞同士の間は結合細胞と呼ばれる繊維成分で埋め尽くされている。肝炎に繰り返しかかり肝細胞の破壊と再生が続くと、肝細胞の代わりに周りの繊維成分...

特定健康診査・特定保健指導

2005年に厚生労働省がした特定健康診査・特定保健指導において自治体や企業に特定健康診査と特定保健指導を義務づけ、改善度の低い組織にはペナルティを貸すというものを発表しました。先進国で増加の一途をたどっていると言われてい...

問診の生かし方

既往歴、現病歴、そして家族歴というのは患者が受診するたびに更新し、さらに人間ドックや診療を行っている側が管理することにより、専門的な診断のために紹介する場合だけではく、将来の医療や福祉に利用する際に患者の基本的な情報とし...