肝炎ウィルス検査

B型肝炎ウィルス(HBV)は、基準値は陰性だそうです。この基準値を外れると、B型休止肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がんなどを患っている可能性が高いということだそうです。HBVのマーカーには、HBVがつくるたんぱくであるHBs抗原・Hbe抗原、HBVに対するからだの免疫反応であるHBs抗体、Hbe抗体、HBc抗体のほかHBVの本体であるHBVDNAなど、さまざまなものがあるそうです。これらはごく少量の血液から調べることができるそうです。これらのマーカーが血液中にあらわれる時期には差があるそうです。そのため、これらの検査法を組み合わせることにより、B型肝炎が急性か慢性かを診断することが可能だそうです。また感染しているウィルス量についても、あるいはすでに肝炎が治っているかどうかというのも、診断可能だそうです。HBVに複数の亜型の存在が明らかになったそうです。それでこのゲノムタイプを知ることによって、感染経路や病気の進行具合などをある程度推測することができるようになったそうです。HBV粒子の表面にあるHBs抗原が陽性であれば、体内にHBVが存在することを意味するそうです。C型肝炎ウィルス(HCV)というのは、そのマーカーには、抗体としてHCV抗体、抗原としてHCVコア抗原、ウィルス遺伝子療法、インターフェロン治療に関するHCV遺伝子型があるそうです。基準値は陰性あるいは検出せずだそうです。基準値を外れるとC型肝炎、慢性肝炎、肝硬変、肝がんなどの可能性が高いそうです。A型肝炎ウィルス(HAV)の検査は、感染早期に検出されるIgM型HA抗体と、治癒後も持続して検出されるIgM型HA抗体があるそうです。これが陽性であると、A型急性肝炎と診断することができるそうです。基準値は陰性だそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です