血液型検査でわかること

血液型の検査では、赤血球と血清の両方をチェックするそうです。
これでABO型血液型を決定しているそうです。
被験者の血球を調べる検査を「おもて試験」というそうです。
血清を調べる検査を「うら試験」というそうです。
この各血液検査の出現頻度というのは、人種によって差があるそうです。
日本人ではA型、O型、B型、AB型の順に多いそうです。
その割合はだいたい4:3:2:1だそうです。
Rh式血液型には、D,C、E,c,eなどの多くの型があるそうです。
一般的には、Rh血液型といえば、D抗原のことを指しているそうです。
抗D抗体は、Rh陽性の赤血球を壊すそうです。抗D抗体を持つRh血液型陰性の人がRh陽性の血液の輸血を受けたときには、副作用がおこるそうです。
Rh陽性の赤ちゃんを妊娠した場合は、お母さんの抗D抗体が胎児の赤血球を攻撃してしまうそうです。
このような抗D抗体による副作用を防ぐには、Rh陰性の人に抗体を作らせないような予防が重要だそうです。
Rh陰性の患者が輸血を受ける場合、Rh陰性の血液を輸血する必要があるそうです。
もし陽性の血液が輸血されたら、陰性の人の身体はD抗原を非自己と認識してしまうそうです。そして抗体をつくってしまうそうです。
Rh血液型の分布も人種によって差があるそうです。
日本人でのRh陰性の割合は非常に少ないそうです。約200人に1人程度とされているそうです。
血液型といえば、ABO血液型とRh血液型という感じかと思います。
輸血医療にとっても、実際にこの2つ血液型がもっとも重要だそうです。
けれど、血液型には、全部で約200もあるといわれているそうです。
ABO,Rh以外では、MNS式、P式、Lutheran式、Kell式、Lewis式、Duffy式、Kidd式、Diego式などがあるそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です