免疫グロブリンE(lgE)

私たちの身体には、体内に異物が入った時にそれを排除する為、多くの抗体活性を持つ免疫グロブリン(lg)というタンパク質が血液(血清)や体液中に存在しています。lgG・lgA・lgM・lgD・lgE等です。このうちlgE抗体は、Ⅰ型というタイプのアレルギー反応に密接に関係している事が知られています。本来は、lgEは寄生虫感染から身体を守る為に存在しています。しかし、Ⅰ型アレルギーという急速な反応や、場合によってはアナフィラキシーショックという命の危険にもつながる反応に関与します。アナフィラキシーショックとは、ある抗原物質が体内に入り、これに対してlgE抗体が出来ているところに、再び同じ抗原が入ってくると、急激なアレルギー反応が起こるというものです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。